STYLE 005 「アートを纏う感覚」

2022/02/22

新進気鋭のアーティストPRANのアートワークを落とし込んだスウェットとビーニー。
「アートを纏う」と言うスタイルは、お気に入りの作品をいつでも身近に感じられるコラボレーションならではのスペシャルだ。

常に新しい作風を模索し続け、様々なスタイルを持つPRANのアートワークの中から、今回モチーフにしたのは海岸の風景画。

レター(文字)でもキャラクターでもないのに見てソレと分かる、そしてPRANを知らない人でも「何か良い」と思わせてくれるであろうお気に入りの作品。

左下には68&BROTHERSのタグを描いてもらった。

シンプルだけど心地良い色味は、アイボリーのスウェットにも非常に良く載ってくれて、原画さながらの風合いに仕上がっている。

ビッグシルエットのゆったり感にもマッチしていて、ウェア全体で一つのアート作品の様な佇まいだ。

デニムシャツをインしてみたところ、少し小綺麗な印象もプラスされて爽やかさが出た。

春らしい淡いブルーはグラフィックの海や空ともシンクロして好相性だ。

 

ボトムスは定番のバギーデニムをセレクトした、スウェットxデニムの至極シンプルなスタンダード。

アート+オーバーサイジング、そしてベーシックなアイテム、こんなスタイルもまた68らしい。

 

 

そしてPRANのアートワークはビーニーにもDROPされている。

立体感のあるワッペン刺繍で表現した贅沢な仕様で、シンプルな着こなしでこそ存在感が光る。

被る位置によって見え方も様々にアレンジができるのも特徴で、ワッペンを後ろに持って行ってバックスタイルを演出するのもアリだと思う。

 

 

シャツをインしたクルーネックスウェットにバギーデニム。

シンプルだけど飽きることなく変わらないスタンダードなスタイル。

そこにお気に入りのアートがプラスされれば益々愛着が湧いてくる。

 

着用アイテム

SWEAT : xPRAN Big Silhouette Crew Sweat

SHIRT : Denim LS B.D Shirts Big Silhouette 68emb.

PANTS : 5Pkt Buggy Pants O.W

CAP : xPRAN Acrylic Watch Cap w/Wappen

 

 

こんな着こなしで、2/23から開催されるPRANのART POP UPに行ってみよう。

と思うよ。

 

オンラインショップへ